沿革

昭和30年 〜京朋誕生〜

6畳1間の小さな事務所に電話がなる。「はい!京朋でございます。・・・ありがとうございます。今すぐそちらへお伺いします。」電話と自転車一台の小さな事務所でたったひとり働くこの男性(京朋の創業者・大江茂)は、創業した時に社名を『京朋』と名付けました。“仲間”を意味する“朋”を用い、京都の友禅を愛する仲間の会社『京朋』としたのです。個人の苗字を社名として扱うことが一般的だった創業当時の1955年、すでに『京朋』という社名そのものからも、ひと味違ったスタートを切ったのです。

昭和30年ってこんなことがありました。
東京通信工業が初のトランジスタラジオ発売  トヨペットがクラウンを発表
東芝が電気釜を発売  ヘップバーンカットの流行
マンボスタイル、ポロシャツの流行  第2、第3次鳩山内閣が成立
森永ひ素ミルク事件  日本初のアルミ製貨幣「1円」発行
島倉千代子「この世の花」「りんどう峠」のヒット  高度経済成長の始期


昭和43年

仕入先においては、仕入れ先の方が大きな荷物を持って来られてもスムーズに出入りや作業ができるように、呉服業界では他に例を見ない、仕入れ出入り口に大きな自動ドアを約40年も前に設置しました。こうした姿勢の中に、創業者・大江の仕入業者の方に対する想いが具現化されています。

昭和43年ってこんなことがありました。

3億円強奪事件 ロバート・F・ケネディ暗殺
東大闘争 「週刊少年ジャンプ」が創刊
メキシコオリンピックが開幕 マーティン・ルーサー・キング暗殺
都営地下鉄1号線が開通 郵便番号制度実施
川端康成がノーベル文学賞を受賞


昭和51年

きものの主力商品の1つになった付下着尺の開発・呉服業界のキャラクターブランドの先駆けとなった「秋山庄太郎のきもの」の発表・振袖のタレントによるイメージ広告販売(石原真理子・佐藤藍子・WINK・工藤夕貴・山田まりや等)などがその一例です。


昭和51年ってこんなことがありました。
ロッキード事件  学校給食に米飯が導入
植村直己が北極圏の単独犬ぞり走破成功
日本で初のF1が開催  およげ!たいやきくんのヒット


現在

創業者の想いを今もなお受け継いで着物作りに関わるすべての人をイコール・パートナーとして京朋は着物づくりと企画販売を行ってまいります。

1955年

大江茂が設立。戦後、きものの主力商品の1つとなった付下着尺を開発しブームを起こす。

1970年

この頃、ユニークな経営と斬新な発想とアイデアで急成長を遂げた中小企業のホープとして、各マスコミに取り上げられる。

1976年

呉服業界でキャラクターブランド商品の先駆けとなった「秋山庄太郎のきもの」を発表。センセーションを巻き起こす。

1984年

設立30周年記念催事「きものビックフェアー」を京都国際会議館で開催。

1990年

振袖のイメージキャラクターとして人気アイドルを起用し、業界内外に新しい話題を提供する。

1997年

代表取締役社長に室木道昭が就任。
新社長就任展「ONOMIK」をみやこメッセで開催。50企画を発表、斬新なテーマで業界の注目を集める。

2003年

同社長が京都織物商業組合の副理事長に就任。

2007年

京都市中京区六角通室町西入に移転。
12月 代表取締役社長に室木英人が就任。

2008年

新社長就任展「新風、一陣。」を開催。新たな京朋に第一歩を刻む。
アンテナショップ「Coetoiro」(コエトイロ)を京都柳小路に立ち上げる。

2009年

若槻千夏と契約。新しい振袖ブランド「Sun Bunny」発表。

京友禅の技法

  1. 京朋の京友禅技法
    伊勢型染め
  2. 京朋の京友禅技法
    墨流し染め
  3. 京朋の京友禅技法
    琳派
  4. 京朋の京友禅技法
    金彩友禅

NEWS

京友禅テキスタイル一覧



ページ上部へ戻る