伊勢型染め

伊勢型紙とは

伊勢型紙伊勢型紙は鈴鹿の白子地区で生産されています。室町時代末期頃(500年程前)には、「白子型」と呼ばれる型紙がすでに全国的に流布していたようです。江戸時代に入ると白子村・寺家村(鈴鹿市)が徳川御三家の一つ、紀州藩に編入されたことで、型彫り・型売行商が飛躍的に発展しました。白子港が江戸に木綿を積み出す商業港であったことや奈良・京都など内陸へ海産物を運ぶ交通の要所であったことも大きな理由だったと思われます。強力な専売体制は明治まで続き、後に彫りの技術は京都など全国各地に分散しましたが、地紙(渋紙)の生産は現在でも100%白子・寺家地区で行われています。

染色技法「手捺染(てなせん)」

伊勢型紙京友禅には、糸目による手描きの友禅のほかに、型紙で染める型友禅もあります。捺染は「おしぞめ」とも読みます。生地の全体を染め抜く浸染の技法とも異なり、染料を型で生地の上から押して染め上げます。京友禅の型染めの一つの染色技法です。オートスクリーンのように機械的に染める訳ではなく、職人の手作業で生地を染めるため、巷間に溢れているような大量生産には向きませんが、どこか手の味の残る暖かみのある仕上がりを楽しめます。
京朋の手捺染は伝統工芸師が在籍する京都の染工場で、職人が一柄一柄丁寧に、着物を染める技を用いて染めています。



isegata開発の背景

img04

 

室町時代末期頃(500年程前)より三重県鈴鹿の白子地区で生産されている『伊勢型紙』。その白子地区にある『オコシ型紙商店』が有する3万枚の型紙から、yuugiのデザイナーが意匠をセレクトし、現代の視点から生活に活きるデザイン・色を再構築することを試みました。

『オコシ型紙商店』の伊勢型紙は伝統的な図柄ながら、現代のテキスタイル・デザインに通じるものがあり、それを現代の生活に取り入れてみたいと考えたのが始まりです。伊勢型紙の図柄は、日本に古くより残されてきた伝統的な意匠から起こされており、その一つ一つに意味やいわれを持っています。そして何よりも、yuugiのテキスタイル・デザインに暖かみと日本らしい優しさを与えているのは、『オコシ型紙商店』の職人の繊細な手の仕上がりによるものなのです。


img05

商品企画では、伊勢型紙の伝統的な柄を、いかに現代の視点からのデザインに生まれ変わらせるかが重要でした。ただ現代風なデザインにするのではなく、伝統と融合させた新しいデザイン、和でありながらスタイリッシュなデザインであること。そして、そのデザインを、綿や麻などの天然素材に、京都の着物の染色工場で染めて、モダンではないコンテンポラリーなデザインの日本テキスタイルを創りあげました。

Isegataテキスタイルを商品化するにあたり、クッションカバーやテーブルウエア、バッグなど、生活に取り入れやすいものをセレクトしました。生活になじむものが中心ですので、普段のインテリアに、挿し色として、さりげなくスタイリッシュな和をとりいれられます。シンプルで大胆な図案を引き立てる鮮やかな配色は、isegataテキスタイルの特徴の一つでもあります。

京友禅の技法

  1. 京朋の京友禅技法
    伊勢型染め
  2. 京朋の京友禅技法
    墨流し染め
  3. 京朋の京友禅技法
    琳派
  4. 京朋の京友禅技法
    金彩友禅

NEWS

京友禅テキスタイル一覧



ページ上部へ戻る