CONCEPT

 

わたしが わたしに 恋する着物

 


気鋭の女流画家 加藤美紀氏が描く、艶やかな世界を再現した着物「水玉椿」。
アンティーク着物の愛好家でもある彼女と共に、和洋折衷の時代と言われた
大正から昭和初期の要素を惜しみなく盛り込み
「水玉椿があなたの日常に咲くトキメキの花になりますように」
という想いで作り上げました。いつもの風景に彩りを与え、心が弾みだすような
着物を是非お楽しみください。

 

 
 
 
 
 
 
 

KIMONO

 

MIZUTAMA

 

HIKARI

 

KOKORO

 
 
 
 
 

MIZUTAMA

…着物…

薔薇着物

…帯…

薔薇帯

 
 
 
 
 

HIKARI

 

 

 

 

 

…着物…

椿縞着物

…帯…

斜め縞帯

…羽織…

椿梅羽織(着物)

 

 

 

 

 
 
 
 
 

KOKORO

 

…着物…

水玉着物

…帯…

小鳥帯

…羽織…

小鳥羽織(着物)

 
 
 
 
 
 
 

着物ができるまで

 

…………………………

絵の具場

…………………………


着物の色は、染料を友禅糊に混ぜて色を作ります。

色は染色工場の命ともいわれ、
染料を混ぜ合わすことによって無限の色を作り出します。
色を調合する場所を「絵の具場」と呼び、
染色工場のもっとも重要な場所になります。
染料は蒸気をあてることで定着し発色するので、
生地見本を染めて試験蒸しを行い
色見本を確認しながら色を作って行きます。

 

…………………………

地張り

…………………………

13mの白生地を板に糊を塗って生地をしわにならないようにまっすぐに張ります。
 

 

 
 

………………………

手捺染

………………………

型を置いて先ほど配合した色糊を型の手前に流し込みスキージ(ゴムヘラ)で染色します。
捺染は「押す」という意味でスキージで色糊を押して染める染め方です。このスキージも
染める柄によって使い分けるために、ゴムの固さや先端の厚みが様々あります。
1色1版で染めていくので、1色が染終わり乾いた後に次の色の染色を行います。
色数が多いほど染色の時間がかかります。

 
 

………………………

引き染

………………………

捺染で全配色が終わると、今度は地色を染めます。
地色を鹿の毛で作られた引き染用の刷毛で染めていきます。
まず、13mの生地を 両端から引っ張り、宙に浮いた状態にします。
その次に、生地に伸子(しんし)という両端に針のついた竹の棒で
生地の両端に針を差し込み生地のシワを伸ばします。
伸子は1反で40~45本くらい使います。これで縦横に生地がピンと
張った状況を作ります。次は染料を作り刷毛で地色を染めていきます。
温度や湿度によっても微妙に色が変わるので一定の環境を保ち、
染料の量も常に一定にして、素早く染めていきます。

 
 
 
 
 
 
 

NEWS

8/20 初の挑戦

9/1 素敵な絵

9/11 色出し

11/28 打ち合わせ

お気軽にお問い合わせください。075-222-1211受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。