陶流染作家の山室圭

陶流染作家の山室圭は、若くして独自の感覚とセンスで数多くの着物を手がけてきた作家です。
また、他の有名なデザイナーと共に制作も手がけている。
(陶流染についてはこちら▶︎)
 

プロフィール

1976年 大阪府茨木市に生まれる。
インテリアコーディネーターの母の元、幼少期から芸術について学ぶ。
1996年 要染工芸にて着物と出会い、染色の世界に入る。
2002年 京友禅型染めの技術を習得。
2004年 引染め、ぼかし、染めの技法を習得。
2006年 二代目 陶流染作家として、仙寿と共に新たなる物を作り始める。
京都工芸染匠 友禅競技大会にて、「京都新聞社賞」受賞。
京都の伝統技術を学びながら、独自の感覚とセンスを生かしモノ造りをする。
2007年 真矢みき・美川憲一など芸能人の衣装を製作。
若手作家ブランド「陶翠庵」を立ち上げる。
2010年 染色工房 室染織を立ち上げ、多くの仲間と共に新たな陶流染の製作を始める。
2011年 ヒロミチナカノ・岩下志麻プロデュース作品を製作。
2015年 世界的デザイナー「ツモリチサト」デザインの着物を製作。
現  在 独自の感覚とセンスを生かしモノづくりをする傍ら、若手職人の育成にも力を入れる。

 

技法

陶流染

商品アイテム

着尺、反物、帯

催事・展示の様子
陶流染め作家、山室圭の着と展示の様子
 

 

お気軽にお問い合わせください。075-222-1211受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。